高血圧を識別する方法

2013年に公開された世界保護機関「WHO」の研究によると、「世界中において高血圧は10億人に影響にされています」。 高血圧症とも呼ばれ、安静状態での血圧が慢性的に正常値より高い状態を示します。 実際にはどのような仕組みなのかを見てみましょう。体の各器官に届けられる前に、血液は心臓から送り出されます。 そしてその血液が動脈の壁を押す力に血管が耐えようとします。 つまり心臓から流れる血液が血管を押す力が血圧となります。 血圧を測るには、血圧計と呼ばれ、腕に巻きつけて使う機械と胸の音を聴くための聴診器を使います。 血圧の単位はmmHg(ミリメートル・エイチ・ジー)と示されます。 日常会話では「12/8」と言われることもありますが、正しくは120/80です。 測定時には、収縮期血圧と拡張期血圧の2つの値で結果が表示されます。 収縮期血圧または上の血圧とは、心臓が収縮して血液が送り出されているときの最も高い血圧です。 120mmHgを越えないようにしてください。 拡張期血圧または最低血圧とは心臓に血液が戻ってきているときの最も低い血圧です。 80mmHgほどが良いとされています。だから120/80とよく言われます。 血圧分類 血圧の状態と起こりうるリスクをよりよく理解するために分類をすることができます。以下を参照してください 120/80: 至適血圧130/85: 正常血圧130-139/85-89:正常高血圧、この場合生活習慣を変える必要があります。140-159/90-99:高血圧ステージ1160-179/100-109:高血圧ステージ2180/110:高血圧ステージ3 高血圧による症状 高血圧はサイレントキラー/「忍び寄る殺し屋」と言われます。 つまり、無症状の病なのです。普通、症状が現れてきたときには、病気が既に進行ているある恐れがありますので、出来る限り医療機関で定期的に検診を受けることを習慣にしてください。していて下さい。 高血圧の症状は次の通りです。 頭痛 息切れ 視力のかすみ 耳鳴り めまい 胸の痛み 病気の早期発見をするために、一年に一度でも血圧を測定することです。 それに加えて、通院中の場合、自分の家族の既往歴をお医者さんに伝えてください。 家族の病歴は自分がかかりやすい病気と大事な情報が含まれています。 高血圧にかかる他の側面は以下のようなものがあります。 年齢。60歳から血管が硬くなります。 民族。アジア人および黒人により、高血圧にかかりやすい傾向が見られます。 肥満 塩分摂りすぎ 運動不足 ストレス たばこ依存症・過度なアルコール摂取 糖尿病 甲状腺疾患 タバコ吸ったり、酒を飲んだりして糖尿病などほかの病気を持つ人は、高血圧の症状が進行する可能性が高いです。 高血圧によるリスク 高血圧が進行すると、様々な合併症が起こりやすくなりますが、中でも最も被害を受けるのが心臓です。 これは、冠状動脈の締め付けによって循環が悪くなり、臓器に十分な血液と酸素が供給されないために起こります。 この状態が続くと、心臓発作につながる可能性があります。 また、脳卒中と呼ばれる脳血管障害を引き起こす可能性もあります。 この問題には2つの要因があります。その要因とは、高コレステロールの塊(プラーク)の蓄積と、絶え間なく圧力がかかることです。頭部の動脈を拡張することができず、詰まりが促進されます。 その結果、通常よりも圧力が高くなると、容器が完全に詰まってしまったり、破裂してしまったりすることがあります 3つ目の問題は、視力障害に加え腎不全になるおそれがあることです。これは、網膜に通っている血管に障害が発生し、症状の1つとして挙げられている「目のかすみ」が発生するためです。 予防と治療 いつもお伝えしているように、体を動かすことは高血圧だけでなく、その他の病気を予防するための重要なポイントの一つです。 そのため、座りっぱなしの生活をやめて、特にランニングや水泳などの有酸素運動を実践するとよいでしょう。 これにより、血管拡張物質である一酸化窒素の分泌が促進され、血圧を下げる効果があります。 同様に、食事も高血圧の予防と治療に重要な役割を果たします。 というわけでダッシュ(DASH)ダイエットという食事法が考案されたのです。DASHとは、英語の “Dietary Approaches to Stop …
Read More

更年期の症状はどのようなもので、なぜ起こるのでしょうか

更年期障害は生理的な過程であり、女性の人生において一般的なものですが、常に多くの疑問が生じるものです。 「更年期障害の症状とは何でしょうか?」本題に入る前に、この期間がどのようなもので、なぜ起こるのかを理解しておきましょう。 更年期とは、通常48歳から51歳の間に自然に月経が止まる時期のことを指します 。これは、いわゆる女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが卵巣で作られなくなるために起こります。 月経周期のある生殖期から、非生殖期への移行期を「更年期」と呼ぶことを覚えておきましょう。 更年期障害とは、更年期、つまり月経周期が不規則になり、完全に停止するまでの時期に起こる現象です。 更年期の段階 理解しやすくするために、以下のように更年期を段階別に分けることができます。 プレ更年期 プレ更年期とは、女性の体が妊娠しないように準備する期間のことで、ホルモンの分泌量が減少します。 40歳前後から始まり、通常は平均6~8年続きます。 プレ更年期では特に症状がなく、症状が出始めたら周閉月経期に入ります。 周閉経期について この時期は、最初の更年期症状が現れる時期であるため、閉経前と閉経後を含んでいます。 つまり、周閉経期になると、月経不順、ほてり、睡眠や気分の変化などが起こります。 この段階は、1年間月経がない状態が続くと終了します。 ポスト更年期について ポスト更年期は、最終月経の1年後に始まり、人生の終わりまで続きます。 この時期には、骨粗鬆症や膣の乾燥を引き起こす膣萎縮が起こることが多く、心血管疾患のリスクも高くなります。 更年期の症状 更年期障害の症状やその強さ、発症年齢は、遺伝や生活習慣の影響を受けるため、女性ひとりひとり異なります 月経不順 理由や原因がないのに熱っぽさを感じること 12ヶ月連続にて月経がないこと。 性交時の不快感や痛みの原因となる膣の乾燥 性欲減退 頻繁な疲労感 イライラ、不安、悲しみなどの気分の変化 夜間にて強烈な発汗 睡眠障害および睡眠の質の低下 薄毛・抜け毛 代謝の低下と体重増加 月経周期の変化や症状に気づいたら、医師の診断を受ける必要があります。 更年期障害の診断は、これらの症状を年齢とともに分析することで行われます。 場合によっては、医師は卵胞刺激ホルモン(FSH)と甲状腺刺激ホルモン(TSH)の数値をチェックするための血液検査を勧めることもあります。 更年期障害の治療法はありますか? 更年期はすべての女性が経験する人生の一局面ですが、中には非常に強い症状が現れ、仕事や家庭、プライベートの生活に支障をきたす人もいます。 このような場合、医師が症状を和らげるために、ホルモン補充とも呼ばれるホルモン療法を推奨することがあります。 実際には、エストロゲンとプロゲステロンを「置き換える」という治療法です。 しかし、ホルモン治療にはリスクが伴うため、専門家のサポートを受けることが大切です。 さらに、ホルモン療法は、コントロールされていない高血圧症や乳がん、心臓発作、脳卒中(ストローク)などの既往歴のある女性には禁忌です。 ホルモン治療をしたくない、できないという方には、次のような選択肢があります。 植物療法:薬用植物やその抽出物を使用する療法。 ホメオパシー/同種療法:植物性、鉱物性、動物性のエキスを用いる療法。 鍼治療:症状に合わせて特定の場所に鍼を刺す手法。 栄養補助食品:栄養補助食品を用いた治療は、女性のニーズに合わせて戦略的に必要な成分を得ることを目的としています。 これらの治療法に加えて、健康と生活の質を高めるためには日々の生活習慣を良好に保つことが重要です。 そのため、ここで私達がいつもお伝えしている、以下のヒントを覚えておくとよいでしょう。 たくさんの水を飲む 身体を動かす 喫煙とアルコールを避ける バランスのとれた食生活 あ、もちろん、常に産婦人科での検診を怠らないようにしてくださいね。 ここで見てみたいテーマはありますか コメントで教えてください
Read More

糖尿病とは何か、そしてその種類について理解しましょう

国際糖尿病連合が2年ごとに作成している、138カ国での糖尿病患者をマッピングした資料「糖尿病アトラス」の第9版が2019年11月に発表されました。国際糖尿病連合が2年ごとに作成している、138カ国での糖尿病患者をマッピングした資料「糖尿病アトラス」の第9版が2019年11月に発表されました。 調査によると、2030年には5億7800万人、2045年には7億人になると予測されています。 しかし、結局のところ、糖尿病とは何かを知っていますか 糖尿病は代謝障害を引き起こす慢性疾患です。この病気では、体に必要なインスリンを膵臓が十分に分泌できなかったり、分泌されても適切に作用しなかったりします。 インスリンは、血液中のグルコースの量をコントロールするホルモンです。グルコースは、私たちが食べたものから得られる糖の一種で、体の主なエネルギー源となります。 糖が細胞に吸収され、エネルギー源として利用されるのは、このホルモン、インスリンの働きによるものです。 糖が細胞に吸収され、エネルギー源として利用されるのは、このホルモン、インスリンの働きによるものです。 そうなると、血液中の糖分が過剰になる「高血糖」症状が表れます。 そのため、糖尿病になると、臓器や血管、神経などに障害が出てきます。 糖尿病の種類 ただし、糖尿病にはさまざまな呼び名があり、病気の発生原因によって呼び名が異なることに注意が必要です。 1型糖尿病:一般的ではないタイプで、自己免疫プロセスによって引き起こされます。 1型糖尿病では、体が自分の構造物を侵入者と勘違いし、それを阻止するために防御システムを作動させます。 これに伴い、免疫系はインスリンを生成する役割を担う膵臓のβ細胞を攻撃します。 1型糖尿病は、通常、子供や青年の時に診断されますが、どの年齢でも発症する可能性があります。 2型糖尿病:2型糖尿病はブドウ糖を代謝するホルモンであるインスリンを体内で適切に利用できない状態であり、インスリン抵抗性と呼ばれています。 もう一つの要因は、生成される物質の量が、血糖値を正常範囲内に保つのに十分でない場合です。 このタイプは、食生活の乱れや運動不足が主な原因です。 2型糖尿病の患者が約90%を占め、40歳以上の成人が中心です。 しかし、ここ数十年、人口における肥満率の増加に伴い、糖尿病と診断される子供や青年の数も増加していることに注意する必要があります。 妊娠糖尿病:妊娠中の高血糖で、妊娠3ヶ月目に発症することがあります。 これは、妊娠中に胎盤がインスリンに対して抵抗性のあるホルモンを産生することに加え、胎児の成長によってインスリンの需要が増加するために起こります。 そのため、妊娠中の女性は、運動や健康的な食事、血糖値検査を行うように指導されます。 しかし、妊娠糖尿病は通常、出産後には正常な状態に戻ります。 糖尿病予備軍:最初に強調しておきたいのは、糖尿病予備軍は病気ではなく、糖尿病になる可能性を示す状態であるということです。 健康な患者さんと2型糖尿病の中間に位置する人に警鐘を鳴らすために存在します。 したがって、結果が100~125mg/dlの範囲にある場合は、血糖値が変化していることを意味しますので、経口ブドウ糖負荷試験を実施する必要があります。 この診断以降、糖尿病予備軍の人は、状況を好転させるために食事や運動に気を配る必要があります。 ある研究から、糖尿病には他のタイプもあることがわかっています。 上記以外にも、糖尿病には1A型と1B型があることが知られています。 前者は、自己免疫による細胞の破壊によるインスリンの欠乏が特徴です。 後者は特発性、つまり原因不明のもので、最も稀なものでもあります。 また、膵臓に問題がある場合、例えば膵炎や腫瘍など、特定の原因から発症するケースもあります。 また、2018年に医学誌「The Lancet Diabetes & Endocrinology」に掲載された研究では、糖尿病には上記に挙げた2つのグループだけでなく、大きく分けて5つのグループがあると指摘されています スウェーデンのルンド大学の研究者によると、それぞれのグループには特定の特徴があるとのことで、これは、特定の患者が治療に対して異なる反応を示す理由の解明に繋がる可能性があります。 そのため、この情報は、合併症のリスクが高い症例の特定や、個別の治療につながる可能性があります。 症状 1型糖尿病では、一般的にその兆候はすぐに現れます。 …
Read More
1 2 3